toggle
2017-06-29

あなたの足元は大丈夫?今すぐ実践したいフットネイルケア

1年中フットネイルを楽しんでいる人もいますが、暖かくなるとサンダルを履く機会も増えるためフットネイルを始める人も多くいますよね。

ネイルの色やデザインを考えるのも楽しいですが、まずはネイルがよりかわいく、きれいに見えるよう、美しい素足を手に入れましょう。

素足を見せる機会も増えてきたこの季節。素足になった時にあなたの足元は恥ずかしくないようにケアができていますか?

フットネイル、臭いにコチコチかかとなど、気になるところをしっかりケアすれば素足美人になれます!

いつどこで脱いでも大丈夫なように今日からできるセルフフットケアをご紹介していきましょう。

フットケア〜臭い編〜

フットのお悩みで一番多いのは足の臭いに関してです。靴を脱いだときに周りの反応が気になりますよね。長時間靴の中で蒸れたり、汚れが爪の間に詰まっていたりすることが臭いの原因です。毎日同じ靴ですと、1日蒸れた靴が乾燥しないうちにさらに蒸れることで臭いの原因が蓄積されてしまうので、3足くらいをローテーションすることをお勧めします。そんなフットの臭いは足裏の汗が蒸れることで起こる他、実はネイルに原因がある場合も多いのです。ネイルと皮膚の間に溜まったゴミやホコリは匂いを発するんです。対策としては足を洗う際にネイルと皮膚の溝もしっかりと洗って汚れをためないことです。ブラシを使って間までしっかりと洗うことで、臭いの原因を除去しましょう。

 

フットネイルケア〜乾燥・コチコチかかと編〜

フットのお悩みで二番目に多いのが乾燥です。足のかかとがコチコチだったり、フットネイルも乾燥しがちです。靴の中が蒸れたり乾いたりを繰り返すことで、フットは乾燥しやすくなります。乾燥を防ぐには絶対的に保湿が重要です。ハンドクリームよりもより保湿力の高いクリームで毎日ケアしてあげましょう。

また、血行不良により角質が溜まりやすくなってしまいますので、お風呂あがりには足裏をマッサージし、血流を良くすることも重要ですよ。

かかとの滑らかさを保つにはフット用ファイルを使って週に1度はかかとケアをしてあげましょう。かかとに溜まった角質をファイルで削るのですが、あまりに酷い場合には軟化剤をつけてから削ることでしっかりと角質ケアできます。
削った後は乾燥しやすいので、シアバターやミツロウといった保湿成分が入った濃厚なクリームで保湿してあげれば、次の日には滑らかで柔らかいかかとに生まれ変わっているでしょう。

 

フットケア〜ネイル編〜

フットのお悩みで三番目に多いのが爪の凹凸です。フットネイルは毎日靴ため普段履いている靴により圧迫されて爪に均一に栄養が行き渡らなくなったり、押しつぶされてしまって変形する場合が多いのです。特に親指と小指が最もネイルの形が変形しやすいです。

おしゃれするには少しの圧迫はつきものですが、必要な時以外には運動靴などでつま先がゆったりとした靴で指先を解放してあげることも大切です。爪表面の凹凸はネイルファイルで削ってなめらかにする方法もありますが、やりすぎると爪自体が薄くなってしまうので、注意してください。

靴などで対策できない場合には、定期的なフットケアにより、予防をしましょう。

足のお爪のカットラインは基本的にはスクエアオフがオススメです。ストレートな先端に角を落とすスクエアオフは巻き爪などにもなりにくいのです。
小指は小さいですし、圧迫されて変形しやすいでので、指に沿って切ってあげても良いでしょう。また、わきに生えてくる小爪は根元からカットして除去しておきましょう。

足の爪の根元は角質もたまりやすく、それが蓄積されることで、お爪が圧迫されて変形する場合もあるので、お風呂後に甘皮周りを押し上げ、角質を除去しておくことも忘れずにしましょう。

定期的にカットや角質除去をすることで、お爪の変形も予防できます。

いかがでしたか?セルフフットケアを始めれば、いつどこで素足になっても怖くありませんよ!今日からあなたも始めませんか?

The following two tabs change content below.
小野 奈緒子

小野 奈緒子

お客様にとって少しでも心の癒やしや毎日の笑顔につながるような時間をネイルを通して作れたらと思っております。 見るたびに笑顔になれる。そんなネイルをご提案していきたいです!
関連記事