toggle
2017-12-21

私に似合うカラーは?自分本来の魅力を引き出すナチュラルネイル

冬のネイルといえば、濃いカラーやマットカラーのネイルを選びがちに。

本来のネイルもしくは指の美しさを引き出すには、透明感と肌にあった色選びは、とっても重要なポイントなんです。

冬は、ニットやコートなどウールを含んだお洋服が多くどうしても重たい印象になりがちです。あえてお洋服同様に濃いカラーをもってきてもいいのですが、大人女子なら、抜け感を大切にしてほしいところ。あえて手元を軽い色にすることで、無防備な大人の色気が出てきてネイル上級者な雰囲気に。そんな大人女子ネイルをご紹介いたします。

 

ナチュラルカラーで大人の魅力を演出

まずは、ナチュラルカラーとは?
一般的に、ベージュ系やコーラル系の色味のことを指します。肌になじみがいいスキントーンの色味を想像してください。

冬場は、どうしてもボルドーやネイビー、グレー、など濃い色味のネイルを選ぶことやネイルサロンでオススメされることが多いと思います。

しかし、あえて冬にスキントーンのナチュラルカラーを一度試してみてください。

ファーやニットなど重い素材のお洋服のなかに、ナチュラルカラーで手先に艶と軽やかさを加わえて爽やかな大人の色気を演出しましょう。

 

肌色に合ったネイルカラーで見栄えアップ

シンプルなナチュラルカラーで肝心なのは、色選び。ネイルは自分なりに、大好きなカラーで楽しみたいですよね。

でも、ネイルは指先にするもの。自分の肌色との相性も必要だって、知っていましたか?

自分の肌に合わないカラーのネイルでは、うまく映えなかったり、しっくりこないこともあるんです。色選びを間違えてしまうと、手元が一気にくすんで老けた印象になってしまいます。

思う存分ネイルを楽しむためにも、自分の肌に合うネイルの色を知っておきましょう。

 

肌のタイプは4タイプ

色白、色黒などの肌色の違いはもちろんはっきりわかりますが、自分の肌のベースカラーを知っている人は少ないのではないでしょうか?
ベースの肌色というのは、大きく分けてブルーベースイエローベースの2つに分けられます。
パッと見ただけではわかりませんが、この2つのベースカラーには違いがあります。

西洋人に多いとされるのがブルーベースカラーです。
ブルーベースカラーの人は、肌自体の色素が薄く、少し青みがかった肌色が特徴といわれ、透き通るような肌を持つ人が多いです。
ブルーベースでも色白の人を「ライトブルー」、比較的色黒の人を「ダークブルー」と、さらに分類できます。

イエローベースはブルーベースとは対照的に、アジア人に多い肌色とされています。
その名のとおり、少し黄色がかった肌色のことです。
このタイプの肌の人は、華やかで活力のある印象を与えます。
イエローベースも色白、色黒で分けられ、それぞれ「ライトイエロー」「ダークイエロー」と分類できます。

このようにだいたい4タイプで分けられ、それぞれ似合うナチュラルカラーの色味が異なります。

私はどのタイプ??

自分の肌のベースカラーは、日焼けしたときにどうなるかで見分けることができます。

日焼けした後、小麦色に焼ける人はイエローベースといえます。
反対に、日焼けしても赤くなるだけで、少し経てば白肌に戻るタイプはブルーベースといえます。

また、イエロータイプの人は髪を染めて茶髪などにするとしっくり似合い、黒髪は重くなりすぎてあまり似合いません。
ブルーベースの人は反対に、黒髪が似合いますが、髪を染めると違和感が残ります。

では実際、この2タイプの人にそれぞれ似合うネイルカラーとはどんなものがあるのでしょうか?

ライトブルータイプ

色白で赤色みがかっている。穏やかで優しくミルキーなイメージ。フェミニンで優雅なスタイルが似合います。

優しく品のよい、しっとりとした雰囲気を意識するといいでしょう。
似合うカラーは、スモーキーなローズベージュやブラウン、ピンクみを帯びたココアやローズブラウンなどです。逆にオレンジやイエローベースのカラーは、肌の色を悪く見せるので、要注意です。

ダークブルータイプ

色黒で赤色みがかっている。強くシャープでメリハリのあるイメージ。クールで都会的な印象のものがよく似合います。

似合うカラーは、紫系やアッシュブラウンやローズブラウンなどの色がよく似合います。

逆に、ピンクベージュやサーモンピンクなどは、ぼやけた印象になり、肌を疲れた印象に見せてしまいます。

ライトイエロータイプ

日本人に多いイエローベース、そのなかでも、色白で黄色みがかっているタイプ。フレッシュで若々しいクリアなイメージ。

オレンジや黄み寄りコーラルカラーが似合います。

青み寄りを使いたいなら、青みが強過ぎないことと、透け感があることを念頭に選んでくださいね。

ダークイエロータイプ

色黒で黄色みがかっている。温かみがあり、シックなイメージ。こちらのタイプもオレンジ系がお勧めです。

ただし、見た目で「少し暗いかな?」というくらいの色を選ぶのがポイント。サーモンピンク、オレンジ、少し濁りのあるオレンジベージュやブラウンベージュも肌なじみが良く、大人の女性のゴージャスさを演出してくれます。
ダークイエロータイプの方は深みがあってソフトな色が似合います。
逆に青みの強いショッキングピンクやローズピンクは肌が青白く暗い印象で老けてみえるので、避けましょう。

 

自分に似合うカラーがみつかりましたか?

いかがでしたか?
自分本来の魅力をさらにパワーアップして魅せる為には、自分を知ることが一番大切です。あなたにぴったりのナチュラルネイルで、今年の冬も輝いてください!

The following two tabs change content below.
小野 奈緒子

小野 奈緒子

お客様にとって少しでも心の癒やしや毎日の笑顔につながるような時間をネイルを通して作れたらと思っております。 見るたびに笑顔になれる。そんなネイルをご提案していきたいです!
関連記事