toggle
2017-03-24

ネイルトラブル!その原因と対処法

ジェルネイルが流行している中、ふと自分の爪を見るといつの間にかトラブルが発生していた!なんてことがあると思います。

しかしトラブルが発生しても、あわてずに冷静に正しい対処をすることが大切です。知識があればトラブルを回避することもできます。

今回は爪にありがちなトラブルとその対処法、さらにトラブル回避のための豆知識についてご紹介していきます。

爪が緑色に?!グリーンネイル

爪が緑色になってしまう「グリーンネイル」。テレビや雑誌で取り上げられたこともあるためご存知の方も多いかと思います。

グリーンネイルとは、「緑膿菌」という細菌による爪のカビです。ジェルが浮いてしまうことで自爪と人工爪との間に空気が入り、そこに水や湿気が多々あることによりカビが発生し、そのカビが繁殖して緑色になってしまう病気です。
ジェルをオフした時に気がつくことも多いので、発見した時にはもうすでにカビの繁殖が進行してしまっている場合が多いです。
グリーンネイルにならないためにはジェルがもし浮いていてしまった場合には浮いてしまった部分から切るか、早めにオフするようにしましょう。特にフットネイルは気がつきにくいためグリーンネイルになりやすいので注意してみましょう。
グリーンネイルは症状が軽ければ爪が伸びていくにしたがって症状が改善され、数週間から1か月程度で治ります。
しかしこれはあくまでも適切な処置・治療をした場合の話。
そのまま放置して症状が悪化すると、爪全体が深い緑色になったり、爪が剥がれたりしてしまうこともあります。一度なってしまうとジェルの継続も難しく治るまでできなくなってしまうのでグリーンネイルにならないように対処しましょう。

ネイルがはがれていく…爪甲剥離症

「爪甲剥離症(そうこうはくり)」とは、爪が土台となっているピンク色の部分(爪床)から剥がれてしまう状態のことをいいます。症状の程度は人によって様々ですが、爪の真ん中あたりから爪先にかけて、症状が出る(爪が剥がれる)ケースが多いようです。

そして爪剥離を起こした部分は、白く、あるいは黄色く変色したり、患部から出血したり、痛みを感じたりと、様々な症状があらわれます。また爪先は外部からの刺激を頻繁に受ける部分であるため、爪剥離をそのまま放置していると、爪の根元部分に向かって症状がどんどん進行してしまうこともあります。

爪甲剥離症になる原因としては、まず外的刺激によるものが考えられます。爪先をどこかに強く打ちつけてしまった時や、爪と爪床の間に異物が入ってしまった、爪の乾燥や洗浄力の強い洗剤などによる刺激、除光液の頻繁な使用などによって引き起こされることもあります。ジェルが浮いてしまった時にアセトンを使わず無理矢理ベリッと剥がしてしまうことで爪に無理な力が加わり爪の表面の自爪までも剥がしてしまい爪剥離を起こす、なんて可能性もあるでしょう。

爪甲剥離症になってしまった場合には、少しジェルネイルをお休みして、ネイルマッサージや乾燥対策をすることで爪育をし、健康な爪の状態になるまで回復を待つことが重要です。まずは日頃から正しいネイルケアをして、爪剥離を防ぎましょう。

・低刺激性の洗剤を使う
・爪が乾燥しないよう、こまめに保湿する
・ジェルネイルは、正しいやり方でオフする
・洗い物をするときは、ゴム手袋をするなどして手を保護する

といった予防対策をおすすめします。

爪の水虫!爪白癬

爪白癬(つめはくせん)とはいわゆる爪の水虫です。水虫は足にできるものと思われがちですが、実は手のお爪にも水虫はできでしまうのです。最初は大抵足の指から感染が始まります。

爪に感染しても、最初は痛みやかゆみなどは起こりません。
しかし爪が白く濁ることや、分厚くなっていることがあるので見た目で分かります。

次第に症状は指側にまで及び、爪全体の色が黄色や黒色になることもあります。
爪の生えかたもおかしくなり、盛り上がったようになっていきます。
次第に爪もボロボロに崩れていき、見た目もかなり悪くなります

水虫は白癬菌が爪の間に侵食し、白っぽくなったものです。グリーンネイルと同様、ジェルが浮いているにもかかわらずそのまま放置してしまうことにより、発生した爪白癬が時間とともに根を張り、その部分が白癬菌に侵食されてしまうのです。ですから、ジェルが浮いてきてしまったら早めに切るか、ジェルオフをしてあげるという処置を取らなければ、気がついた時にはもうかなり菌が広がってしまっているということにもなります。一度白癬菌担ってしまうと、ジェルの継続も難しくなりますので、早めの対処をするようにしましょう。

 

The following two tabs change content below.
小野 奈緒子

小野 奈緒子

お客様にとって少しでも心の癒やしや毎日の笑顔につながるような時間をネイルを通して作れたらと思っております。 見るたびに笑顔になれる。そんなネイルをご提案していきたいです!
関連記事